特例承継計画未提出で 平成35年4月1日以後に 先代経営者が死亡した場合

「特例承継計画」を

提出期間内に提出しないままで、

平成3541日以後に

先代経営者が死亡した場合には、

特例事業承継税制の適用を受けることができない。

この場合、

一定の要べて満していれば

一般事業承継税で、

総株等議決権数の

3分の2までの株式について

納税猶予を受けることができるが、

対象となる株式の

評価額の80% に対応続税額のみが

の対象となり

残りの部分に対応する相続税額は

原則として

相続税の申告期限までに

納付しなければならない。

 

 

  • 土地評価の基本
  •  

     

     

  • 地積規模の大きな宅地
  •  

     

     

  • 不動産登記申請書添付書面は?
  •  

     

     

  • 家賃収入の取り扱いは?
  •  

     

     

  • 有利な遺産分割方法は?
  •  

     

     

  • 居住用土地建物の譲渡
  •  

     

     

  • 未支給の年金があった場合
  •  

     

     

  • 生命保険の注意点
  •  

     

     

  •  

     

     

  • 負担付贈与、個人間の対価で取得