特例事業承継税制では 雇用確保要件が実質的に撤廃

特例事業承継税制においては、

雇用確保要件である

80%の雇用を

確保できなかった場合でも、

認定が取り消されるのではなく、

会社に

認定経営革新等支援機関の

意見が記載された報告を求めるなどの

対応がされることになりました

(実質的に撤廃)

その他の事業継続要件は

従前と同じです。


 

1 . 雇用確保要件の緩和

 

贈与又は続等をして

 

事業承継税制の適用をけると

 

贈与税の申告期限

 

又は

 

相続税の申告限か

 

5年間の事業継続期間の間

 

定の要件を満たさないこととなると

 

納税猶を取り消れ、

 

税額の納税が必要となります

 

その要件のつに

 

常時使用する従業員数が

 

5年平均で

 

贈与

 

又は

 

相続等時の

 

従業員数の80%を下回らないこと」

 

とする

 

雇用確保要件がある。

 

 

 

特例事業承継税制では

 

この雇用確保要件を

 

満たさない場合でも、

 

認定経営革新等支援機関の

 

意見が記載されている

 

「雇用確保要件を

 

満たせない理由を

 

記載した書類」を

 

都道府県庁に提出すれば

 

納税猶予の取り消しはないものとされる。

 

また、

 

その理由が、

 

経営状況の悪化である場合

 

又は

 

正当なものと認められない場合には、

 

特例認定承継会社は、

 

認定経営革新等支援機関から

 

指導

 

及び

 

助言

 

を受けて、

 

当該書類に

 

その内容を記載すれば

 

よいこととされている。


 

常時使用する従業員数の判定は、

 

以下の通知書等に記載された

 

被保険者等の数で行います。

 

 

 

 生年金保険の

 

標準報酬月額決定通知書

 

(70歳未満)

 

 

 

 健康保険の

 

標準報酬月額決定通知書

 

(70歳以上75歳未満)