扶養親族の合計所得金額要件など

① 同一生計配偶者及び
扶養親族の合計所得金額要件を
48 万円以下(現行:38 万円以下) に
引き上げる。


② 源泉控除対象配偶者の合計所得金額要件を
95 万円以下(現行: 85 万円以下) に
引き上げる。


③ 配偶者特別控除の対象となる
配偶者の合計所得金額要件を
48 万円超133万円以下(現行: 38 万円超123 万円以下) とし、
その控除額の算定の基礎となる
配偶者の合計所得金額の区分を、
それぞれ1 0 万円引き上げる。


④ 勤労学生の合計所得金額要件を
75 万円以下(現行: 65 万円以下) に
引き上げる。


⑤ 家内労働者等の
事業所得等の
所得計算の特例について、
必要経費に算入する
金額の最低保障額を
55 万円(現行: 65 万円)
に引き下げる。


⑥ 非居住者の公的年金等について、
分離課税の対象となる
金額等の算定における
控除額計算の基礎となる額を、
65歳未満の者については5 万円( 現行: 6 万円) に、
65歳以上の者については9 万5 千円(現行: 1 0 万円) に、
それぞれ引き下げる。


⑦ その他所要の措置を講ずる。