代表者であった時点で 同族関係者の中で筆頭株主とは

特例事業承継税制の適用を受けるには

先代経者が

代表者であった時点と

贈与直前

又は

相続開始直前に

同族関係者で

総株主等議決権数の50%超を保有し、

その同族関係者

(後継者を除く)

の中で

筆頭株主でなければならない。